仕事なんて行きたくない!!

毎日満員電車に乗って、私(俺)の人生なんなんだ!!

 

このようなことを考えてしまうサラリーマンやOLの人は結構いることでしょう。

この記事では、このような悩みを抱えている人に向けて、そうなってしまう原因や対策を紹介していきます。

 

本当にやりたい仕事ですか??

 

子供の時を思い出してください。何かに熱中していて、気づいたら夕方になってしまった。っていう体験を1度は経験したかと思います。例えば、自転車やゲーム、縄跳びなど。。

 

ゲームであれば、ラスボスを倒すために何度も何度も失敗をして、失敗するたびに考えて行動したと思います。(今度戦う時はこの武器を使おうなどなど)

 

人間は、誰もが熱中できます!!ただ熱中できるものを見つけていないだけです。

仕事でも同じことが言えます。熱中できる仕事が必ずあるはずです。

そのためなら、満員電車に揺られたところで、決してつらくはならないでしょう。

 

やりたい仕事を見つけたところで、転職ができない

 

やりたいことが見つかった人は、さっさと転職するべきです。

 

今の職場で、上司やお客様から「この業務を任せされるのは君だけだ」と言われ、あなたを特別な存在だとみなすこともあります。

 

しかしそれは、間違いです!!

あなたがいなくても、その業務はできます。

そうでないと、会社(組織)である意味がないですよね?

実際私の会社でも優秀な人が何人かやめましたが、かなりの勢いで業務がまわっています。

 

なので、「上司やお客様から信頼されているから」とか「この業務は私しかできない」とか関係ありません。

自分の道をしっかりと歩いていきましょう!!

 

年収が低い

 

これも仕事に行きたくない原因ですね。

自分の会社のビジネスモデルをしっかりと把握しておくことが重要です。

 

自分が1か月働くことによって、お客様からどれくらい賃金が支払われ、

その賃金から自分の会社がどれくらい差し引いているのかを考える必要があります。

 

例えば、お客様から月100万円もらったとします。月々のあなたの収入が30万だとすれば、会社が差し引いている金額は70万円です。

 

この会社が差し引いている金額が少なければ少ないほど、自分の収入になるので、たくさん差し引いている会社であれば、そこにいるといいように扱われてしまうのでさっさと転職してしまいましょう。

 

上司やお客様からのパワハラ

 

まずは、会社に速攻で報告しましょう。

それでも改善しなければ、ハイスピードで転職しましょう!!

 

すでに精神的ダメージが大きい場合は、精神病院へ行き、診察をしましょう。

うつ病と診断された場合は医師の診断のもと、休職をすると同時に、転職活動をしましょう。