MiyaBlog

Failure Teaches Success

成功している人の習慣を定着させる3つの方法。先日(6月22日)の続編で説明します。

こんばんわ。ひーさま(@miyamiya11251)です。

 

 

今回は、「成功している人の習慣を定着させる3つの方法。先日(6月22日)の続編で説明します。」というテーマで話を進めていきたいと思います。

 

 

f:id:miyamiyablog:20190623002351j:plain

 

 

・前回の記事で、成功している人の習慣は理解できたが、それをどのように定着させるかが知りたいな。。。

 

 

この記事では上記の悩みを解決していきます。この記事を読んで理解し、実践していけば、以下のような効果が得られます。

 

 

・前回の記事で、成功している人の習慣は理解できたが、それをどのように定着させるかが知りたいな。。。

 →成功している人の習慣が定着し、目標達成するための成果が表れてきます。

 

 

f:id:miyamiyablog:20190623002509j:plain

このような効果を得られるために、具体的な定着方法を紹介していきます。

 

 

新しい習慣を定着させるために、以下3つのルールを守ってください。

 

①目標は数多く立てない

➁短期的な成果を求めすぎない

➂小さく始めていく

 

 

順に説明をします。

 

 

①目標は数多く立てない

 

 

f:id:miyamiyablog:20190623002603j:plain

 

 

ダイエットや資格勉強など様々なことに挑戦することは、大変素晴らしいことですが、ここでありがちなのが「一度に多くのことをやってしまうこと」です。

例えば、一日の生活の中で「5キロ走る。1時間勉強する。筋トレを1時間勉強する」など。このように多くのことをいきなりやってしまうと、続かない場合が多いです。

 

 

脳は、基本的に安定志向型です大きく変化をしようとすると、拒否反応をおこします。その結果、繰り返しになりますが続かななります。

 

 

一方、ダイエットを少しずつでいいから始めてみようと考えている人は、「週2回3キロ走る」などの目標を立てます。そうすると、無理なく続けることが出来るので、続けやすくなります。

そして、週4回、週5回など徐々に変えていき定着させていけばよいのです。

 

 

➁短期的な成果を求めすぎない

 

 

何か成果を求める際に、気を付けておきたいことがあります。それは、「短期間では成果は出ない」ということです。

私も、IT企業に入り3年ほど頑張ってやっとシステムの仕組みがわかってきたくらいです。少なくとも1年は成果のために毎日コツコツと積み重ねることが大事です。

 

 

しかし、「そんなこといっても1年も続けることなんてできない」と考えてしまう人がいます。その際は、先ほど①の例であったように、少しずつ実行していくことが大事になってくるのです。

 

 

例えば、ダイエットで10キロ減量するという目標を掲げたとします。

始めの1か月で1キロ痩せると決めると、そんなに難しい目標ではないはずです。

長期的に無理なく続けることが出来るため、ダイエットの定着が徐々についてきます。

 

 

➂小さく始めていく

 

 

f:id:miyamiyablog:20190623002844j:plain

 

 

習慣化のコツとして、「小さく始めていく」ことが大切になってきます。

例えば、英語学習であれば「1日10分英語の本を読む」といった感じです。

初期の段階では、頑張って続けるというよりも「もう少しやってみようかな」という気になるくらいの量を続けるイメージがいいです。

この「やってみよう」という意志を持つことが、習慣化定着への近道となります。

 

 

まとめ

習慣を定着させる3つの方法は以下です。

①目標は数多く立てない

➁短期的な成果を求めすぎない

➂小さく始めていく

定着させるためには、無理なく続けることです。そして徐々に量を増やしていきます。

量が極限まで増えたときには成功はもう目の前です。

About me

福岡生まれ→関東在住→IT業界で働いています。 人生をよりよくするために、ブログ・FX・プログラミングを頑張っています。お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

portfolio

Twitter