こんにちは。みやみや(@miyamiya11251)です。

 

今回は、「梅雨の時期で体がだるいと思っているあなたへ。対処法を教えます。」というテーマで話を進めていきたいと思います。

 

f:id:miyamiyablog:20190712183109j:plain

 

 

・梅雨の時期が続き、体がだるく感じます。何か対処法があれば教えていただきたいです。

 

梅雨の時期になると、体がだるく感じますよね。。

 

常に気分が悪く、やる気が出ない感じ。。。

 

そこで今回は、梅雨の時期に体がだるい人向けに対処法を紹介していきますね。

 

梅雨の時期に体がだるくなる原因の多くは”湿気”にあった

 

梅雨の時期にだるいと感じだとき、”湿気”をまず疑いましょう。

 

私たちの体の大部分は水分で成り立っています。

 

余分な水分を放出する際に外気が湿気だらけの場合、体から水分が出にくくなり水を処理する機能が低下します。

 

体に余計な水分が溜まると、免疫力の低下など体に様々な不調が生じます。

 

余分な水分を溜まる原因は、水の飲みすぎだと思われがちですが実は外気の湿気も原因なんですね。

 

日本は湿気やすい国です。

 

 

f:id:miyamiyablog:20190712183200j:plain

 

 

日本は四方八方海に囲まれており、太平洋、日本海から季節風が吹くため、湿気が入りやすい地形になっています。

 

つまり、日本に住んでいるだけで湿気やすい体になるということですね。

 

さらに、日本は山脈地帯となっているため山にぶつかった季節風が一気に上昇し、雨が降りやすくなっています。

 

日本にいるだけで湿気になりやすい体となっているわけですから、日本人はより湿気に関してより対策を取らなければなりませんね。

 

梅雨の時期に体がだるい原因がわかったところで、ここからは体から湿気をとるための対処法を5つ紹介します。

 

①お風呂につかる

➁運動をする

➂足裏マッサージをする

④体を冷やさないようにする

➄水分をこまめにとる

 

 

順に説明していきますね。

 

 

①お風呂につかる

 

 

f:id:miyamiyablog:20190712183311j:plain

 

 

お風呂には発汗作用があり、体内の余分な水分を排出してくれます。

 

仕事などで忙しい人は、シャワーだけで済ませることも多いかと思いますが、それだけで発汗するのは難しいです。

 

なので、梅雨の時期は極力お風呂にお湯を張り、つかることで発汗させることをお勧めします。

 

お風呂上りは、きれいな水を体内に取り入れ、体の中をきれいな水にしていきましょう。

 

➁運動をする

 

 

f:id:miyamiyablog:20190712183432j:plain

 

 

運動して体内の余分な水分を取り除くのも効果的です。

 

梅雨の時期は体がだるいから運動を怠りがちですが、原因は余分な水分にあるため運動すると逆に体がすっきりしたりします。

 

運動する時間がない忙しい人は、帰宅の歩きを早歩きにするなど工夫をして運動する時間を確保していきましょう。

 

 

➂足裏マッサージをする

 

f:id:miyamiyablog:20190712183603j:plain

 

 

足裏マッサージも効果的です。梅雨の時期は足がむくむとよく言われますが、足には水分が多く含まれているからです。

 

靴が蒸れるのもその原因なのですね。

 

足裏の「親指下の膨らんだ部分」を押すとむくみが解消されるので、是非実践してみましょう。

 

④体を冷やさないようにする

 

 

f:id:miyamiyablog:20190712183700j:plain

 

 

体が冷えると、体内の余分な水分が出にくくなるため、極力体を冷やさないように心がけましょう。

 

具体的に、以下のように対策をしていきましょう。

 

・寝るときは体を冷やさないように最低1枚は羽織る

・冷たいものは極力食べないようにする

・カフェインはいつもより少なめに

 

逆に体を温めすぎると、汗がでて体が冷えてしまう恐れがあるため注意しましょう。

 

➄水分をこまめにとる

 

 

f:id:miyamiyablog:20190712183742j:plain

 

水分をこまめにとり、排泄物で余分な水分を体外に出しましょう。

 

お風呂上りや運動後に水分をとると効果的です。

 

しかし、冷たい水だと逆に体が冷えてしまい水分代謝が促されにくくなる恐れがあるため、常温の水をとることをお勧めします。

 

 

まとめ

 

日本に住んでいる以上、湿気とは切っても切り離せません。

 

なので、一人ひとりが湿気の体質であるということを自覚し、体を温める・汗を流す・適度に水分補給するなどできることから実践してみてくださいね。