こんにちは。みやみや(@miyamiya11251)です。

 

今回は、「【行動優先論】考えるよりすぐに行動を起こすべきです。」というテーマで話を進めていきたいと思います。

 

 

f:id:miyamiyablog:20190717235706j:plain

 

 

 

・何か新しいことにチャレンジしようと思っているのですが、どのように始めていけばいいのでしょうか?

 

こんな悩みについて回答していきます。

 

何か新しいことにチャレンジするのって、結構気が引けますよね。。

 「ブログを始める」とか「投資を始める」などなど。

 

始めようと他人に言うと「それ大丈夫なの?」や「絶対失敗するからやめた方がいいよ!」など言われる場合があります。

 

それで「やっぱり辞めよう」と思い断念。。

 

僕の場合は、大学院進学や就職先、このブログでも自分の信念に沿ってチャレンジしていきました。

 

今回の記事では、何かにチャレンジするときのマインドや方法を紹介していきますね。

 

 以下の順で説明していきます。

 

①まずは、マインドを固める

➁準備はほどほどに!本質を貫く行動をする

➂改善策を考える

④再び行動をする

 

 

①まずは、マインドを固める

 

 

まずは、マインドを固めることから始めましょう。

先ほど説明したように、何かにチャレンジをしようとした際に、

 

・失敗するからやめた方がいいよ

・それ大丈夫なの?

 

と他人から言われることがあります。

 

日本人は昔から協調性や絆を大事にしていきました。

これ自体は、とても素晴らしいことなのですが、逆に「和を乱してはいけない」と思い込んでしまいます。

 

和の精神はとても大事ですが、それに固執しすぎると何もチャレンジできなくなってしまう場合があります。自分の意志で行動するためには時には乱すことも大事です。

 

 

➁準備はほどほどに!本質を貫く行動をする

 

 

新しいことを始める際に、準備運動をしすぎてしまう人が後を絶ちません。

 

例えば「英会話を上達させたい」という目標があり、それに向かって行動を起こす場合、「単語」や「文法」ばかり勉強をしてしまう人がいます。

 

これだといくらやっても、英会話は上達しません。

時間をかけても少しも話すことが出来ず、諦めてしまいます。

 

それよりも、ネット英会話などを申し込んで、ネイティブスピーカーと会話して身に付けた方がよっぽど効率的です。

 

始めはうまく話すことが出来ず、落ち込むと思いますがその場合「なぜうまく話せないのか」「どうすればうまく話せるのか」を意識していきましょう。

 

 

➂改善策を考える

 

 

f:id:miyamiyablog:20190717235744j:plain

 

 

考えるよりもまずは行動をすることが大切です。

行動を起こせば起こすほど、失敗を連発してしまいます。

 

その場合は、繰り返しになりますが

 

・なぜうまく話せないのか

・どうすればうまく話せるのか

 

を考えましょう。

 

ただ、行動するだけではだめです。失敗から学び次に生かしていきましょう

 

 

④再び行動をする

 

 

f:id:miyamiyablog:20190717235828j:plain

 

 

改善方法が決まったら、それに沿って再び行動をしましょう。

 

その場合、改善方法をチェックリスト化して消し込むといいですね。

抜け漏れがあったらダメなので、一つずつ消し込んでいきましょう。